2013年2月12日 「基元節の意義」に関し全ての祝福中心家庭に送る書信

 

全世界の統一コミュニティの皆さんへ:

 

第一部:序論/背景

 

 私は、基元節に近づいている今、非常に深刻、かつ切迫した思いで、この手紙を書いています。

 私達は、既に先天時代を過ぎて、後天時代に入りました。それは、神様の本来の理想を実現することのできる時代、また実現しなければならない時代です。

 基元節は、創造原理に説かれている神様の夢が、地上に最終的に実体化するという、神様の摂理と人類歴史における新しい時代を宣布する日となるべきでした。神様は人類歴史を通して、この日を迎えるために熱心に準備をしてこられました。その日は、神様の人類始祖アダムとエバに対する期待が、勝利的に実体化された真の家庭が登場する、摂理的転換の時となるべきでした。そして、この理想家庭の勝利的基台を中心として、神様の真の愛、真の生命と真の血統が繁栄し、家庭から氏族、国家、世界へと拡大してゆくはずでした。神様の真の愛の主権が全人類に広がり、神様の下の一家族の夢が実現される日となるはずでした。

 このような天の願いをご存じだったお父様は、この摂理の目的を成し遂げて、神様の心情を解放するために、揺るぎない孝行心で人生の全てを捧げてこられました。平和神経第一章の「神様の理想家庭と平和理想世界王国」というタイトルに表現されているように、お父様は、永遠の平和のための勝利的基台として、この地上に真の父母と真の家庭の実体的定着を神様に捧げる道を追求してこられました。それと同時に、神様の実体的主権としての平和理想世界王国、即ち天一国の開門を可能ならしめるために、祝福中心家庭と平和大使達を通して、世界的カイン圏とアベル圏を一つにしようとしてこられました。

 お父様は、勝利的な基元節を、神様と全人類に捧げるという目標に向かって、休むことなく働いてこられました。しかし、悲劇的にもお父様は、その目標の完結を見ないままに霊界に逝ってしまわれたのです。これは決して、お父様が願われたことでも、予測されたことでもなかったのです。それに加えて、天の期待と摂理の目的という観点からすると、現在の統一運動は、神様と全人類の前に、この歴史的、かつ聖なる基元節の日を、祝賀する準備が全くできておらず、その資格も全くない状態であると言わざるをえません。

 神様のみ旨に完全に一つになって、神様の手足となるのではなく、現在の統一運動は対立と混乱と無秩序の状態に陥っています。ここ数年は、原理に反する内容の馬鹿げた神学が現れ、真の父母様を神格化し、真のお母様を神様の夫人として発表しています。現指導部は、この日を単なる象徴的儀式の日に、もう一つの恩赦祝福により「特別の恩恵」を受ける日にすり替えることにより、この日の本来の意義を矮小化する愚を犯しています。私達の運動内で、こうした憂慮すべき動きが出てくるにつれて、多くの祝福家庭が、天の前に自らの5パーセントの責任分担を放棄し、現指導部の誤った教えに盲目的に従うことにより、自己の良心の声を無視しています。

 お父様の生涯と、お父様から受け継ぐべきもの(レガシー)を尊重することにより、その心情を慰労することを願う息子として、私は神様の復帰と再創造の摂理の、不変、絶対、永遠、唯一なる目的に根ざした、お父様の生涯の夢を実現することを決意しています。お父様の血肉として、お父様が私を通して生きて下さることにより、勝利の一日を、神様の前に捧げられるようにしてあげたいのです。また私は兄として、祝福中心家庭に対して、基元節の本当の意味を明らかにし、この重大な歴史の分岐点において、神様の期待を全うするという深刻な責任に、皆さんを目覚めさせる責任を感ずるのです。


第二部:神様の本来の創造目的と基元節の本当の意味

 

 既に述べたように、祝福家庭の間で、基元節の意味に対して大きな混乱があります。ところで、この日の本当の意味について理解するためには、まず、神様の本来の創造理想と創造目的が何であったのかを、完全に明確にする必要があります。

1)神様の本来の創造目的:理想家庭を中心とする神様の下の一家族を実現すること

 神様の本来の創造目的は、神様の愛と生命と血統を地上に拡大することの出来る、神様を中心とする理想家庭をこの地に創造することでした。

 理想家庭では、神様がその中心であり、家族の全員がそれぞれ神様と親子の関係を結んで神様を父母として侍るようになっています。一人一人が神様の息子娘として神様に似ることにより、他のために生きるという真の愛の主人とならなければなりません。このような真の家庭では、親子の関係、夫婦の関係、兄弟姉妹の関係が、真の愛の自然な秩序のもとに形成されます。四大心情圏と三大王権を完成することにより、理想家庭が実体的に実現します。

 最初の家庭では、アダムとエバは人格を完成し、神様のみ旨に完全に一つになる(アライン)という5パーセントの責任分担を果たさなければなりませんでした。そして彼らが完成すれば、神様は彼らが夫婦となって理想的な四位基台を形成できるように祝福する予定でした。ところがアダムとエバはそのような家庭を創ることができず、むしろ、サタンの偽りの愛と、偽りの生命と偽りの血統を中心とする四位基台を創ってしまいました。神様はアダム家庭の二世の代で堕落の経路を逆転させようとされましたが、カインがアベルを殺すことによりそれは不可能となり、神様の本来の理想とは程遠い、うち続く対立と闘争と戦争の歴史を出発させることになりました。

 真のお父様は第三アダムとして、神様のみ旨に完全に一体化して勝利した息子として、神様の本来の創造目的を実体化するために来られました。お父様の使命は創造原理により規定され、偽りの愛と生命と血統の歴史的な進展と拡大を断絶し、真の愛と生命と血統の新しい歴史を、神様の理想家庭の実体的な顕現を中心として懐胎させる、天宙的スケールの戦いでした。しかし、そのような家庭が形の上で存在しているからといって、それが自動的に完成したり、神様のみ旨に一致するということではありません。というのは、その家庭は堕落と関係なく、原罪の重荷を負っていないのですが、その家庭の一人一人は、天と地の前に、神様の再創造の摂理における共同創造者としての5パーセントの責任分担を全うし、創造目的を実現しなければならないのです。

 夫婦が神様の血統に接木され、拡大された真の家庭の一員となることを可能にする祝福に関しても同じことが言えます。祝福中心家庭の一人一人の家族も、果たすべき責任分担があります。それが何かといえば、神様の本来の真の家庭理想を体現する真の愛の人生をおくることです。家族の一人一人が、他者のために生きることにより責任分担を果たすようになると、彼らの生や行動が神様の愛の表現となり、彼らは神様に似るようになります。そのような家庭が氏族、国家、世界へと広がっていく時に、真の愛を中心とする神様の主権の実体圏が現れてくるようになります。

2)お父様の神様との約束と基元節の本当の意味

 お父様は、神様のみ旨の究極的な理想と目的をはっきりと理解しておられ、また神様の孝子としての自分の使命も知っておられました。

 既に述べたように、お父様は本来は、真の父母と真の家庭の地上における実体的な定着を、永遠の平和の基台として天に捧げることにより、基元節の日を宣布しようとしておられました。、それと同時に、神様の実体的主権としての平和理想世界王国、即ち天一国の開門を可能ならしめるために、国家的、世界的レベルでの実体的な勝利を捧げようとしておられました。

 お父様には基元節に向けてのはっきりしたロードマップがあり、明確な時刻表に基づき、目標に向かって戦略的に歩みを進めておられました。2001年1月13日には神様王権即位式を捧げられ、天一国の開門を宣言されました。

 お父様は世界基督教統一神霊協会に替わって世界平和統一家庭連合を立てることにより、統一運動の中心点(フォーカス)を拡大されました。家庭連合を通して、祝福による真の家庭理想の実体化を促進され、全ての祝福中心家庭が、各自の氏族、国家、そして世界に責任を持つように奨励されました。

 2005年にはお父様は天宙平和連合を創設し、世界120カ国を巡回し、家族の三代が、2006年の新しい時代の開門に参加するようにさせられました。その基台によりお父様は、祝福中心家庭と平和大使達が、天宙平和連合に対し、主人意識(オーナーシップ)を持つように呼びかけ、天宙平和連合がアベルUNとしての役割を果たせるようにし、さらにその基盤を拡大して父母UN(カインUNとアベルUNの一体化により)を創設することを願われました。

 その後、お父様は、基元節を2013年1月13日と宣言され、その日には家庭、氏族、国家、世界レベルのカイン陣営とアベル陣営の一体化を通し、神様の理想家庭の礎石の上に立って実体的な平和理想世界王国を神様に捧げようとしておられました。

 このような理解に基づいてみれば、基元節とは、決して、何かある霊的条件を立てることにより神様と父母様から特別の恩恵が下って、それにより世界が魔法のように変化する姿を驚きをもって見守る、というようなものであるはずがなく、また、単なる悔い改めと罪の赦しのための儀式でもありえません。基元節は、神様の地上天国が実体的に顕現する出発点となるべきです。

 したがって、教会の指導者達が基元節の本当の意味を誤解し歪曲することにより、彼らの独善的な目的をさらに定着させるような行事を行うとすれば、それは神様に対する冒涜であり、天と全被造物を前にした犯罪行為です。

3)統一運動の現状

 基元節の本当の意味が歪曲されてしまっただけでなく、統一運動の現状を見てみれば、それが神様の摂理から逸脱し、真の家庭理想からは程遠い文化を築いてしまったことがわかります。

 私達の運動は、かつては真実と正義、原理、真の愛の運動でした。なによりも私達の運動は神様の摂理を促進しようという情熱的な決意に満ちた運動でした。1984年にお父様がダンベリー刑務所に収監された時に、お父様は「アメリカを恨むな。むしろもっと愛せ」と言われたのであり、私達がその基準に従ったので、神様は真の家庭と統一運動を祝福することができました。

 私達の歴史を通して、運動が多くの迫害と困難を通過する中でも、私達が神様のみ旨と天の基準に一致していましたので、神様は私達の活動を継続して祝福してくださいました。ところが今日、統一運動は、神様のみ旨に焦点を合わせるかわりに、腐敗したリーダー達の独善的な思惑が中心を占めてしまっています。運動の内部の不和が外の法廷に持ち込まれ、天文学的なお金が浪費されています。人格殺人をもたらす悪意に満ちた嘘が教会の指導者達によってばらまかれ、思慮の浅い言論キャンペーによって、それが世間の目に晒されています。

 祝福中心家庭はお互いに対する攻撃に身を投じ、指導者達はメンバーが真の父母様に対して持っている愛と信頼を悪用して、祝福中心家庭に盲従を要求する偽りの権威を得ようとしています。祝福中心家庭の中に良心と主人意識を高揚させようとする代わりに、核心指導者達は、彼らを無知の中にとどめようとしています。これは信頼にたいする重大な違反であり、何よりも神様のみ旨に反逆する犯罪です。

 今日、教会は原理の要素を歪曲し、その価値をたんなる統一教会の教理に引き下げてしまいました。しかも、神様の真の息子として、神様のみ旨を成就するために来られた真のお父様は神格化され、たんなる一新興宗教の教祖とされてしまいました。皮肉なことに、お父様ご自身は、数世紀にわたって神格化されてきたイエス様が、実際は神様の真の息子であり、真の完成した一人の人間であることを強調されたのです。お父様は宗教間の壁を超えようと尽力された方であって、決して新しい壁を構築しようとした人ではありません。

 私達は、お父様が、基元節に天に捧げようとしておられた勝利的基盤を築く路程から、遠く迷い出てしまっています。私達の運動のこのような現状を打開し、神様の摂理に一致した路程へと引き戻すのは、真のお母様と真の家庭、そして同様に祝福中心家庭も含めた私達の共同責任です。現在の苦境をもたらしたことに対する責任を逃れられる人はいないのであり、この重要な時点において私達の責任分担について正しく理解し、遂行しようと尽力する必要があります。

4)現時代における祝福中心家庭の責任:4つの根本的な質問

 摂理歴史における重要な岐路に立って、全ての祝福中心家庭は、自分は摂理的人物であり、神様の摂理の主人であり、この運動が神様の摂理を促進することになるか、摂理に対する障害物として残るかを決定する鍵を握っているということをはっきりと理解しなければなりません。

 現時点における私達の摂理的責任について正しい観点を持つためには、摂理に関する4つの根本的質問に対する答えを正しく理解しなければなりません。この4つの質問とは以下の通りです:

  • 摂理の中心は誰ですか?
  • メシヤの使命とは何ですか?
  • 真の父母様と真の家庭の出現は何を意味するのでしょうか?
  • 現時点における祝福中心家庭の責任は何ですか?

 第一の質問に対する答えは単純明快です:神様が摂理の中心です。神様ははっきりと生きておられ、実体的な復帰と再創造の路程を通じて、人類歴史を導いてこられた業を明確に見ることができます。お父様がご自身の生命を捧げられたのは、神様と神様の摂理のためであって、決して自分自身のためや、自分なりの目的のためではありませんでした。お父様がそうされたように、私達も神様のみ旨に自分を絶対的に一致させ、神様の摂理に対し、自分を捧げる機会を与えられたことを、常に謙虚に感謝すべきです。

 第二の質問はこれです。メシヤの使命とは何ですか?メシヤは復帰されたアダムの位置にあり、それゆえに神様の真の息子の立場に立っています。お父様が言われるには、神様は人類と、親と子の関係を築くことを願っておられるのです。したがってメシヤは、神様の息子の立場です。孝子としてメシヤは、創造原理に説明されている神様の夢の主人となり、その夢を実現されます。

 真のお父様の究極的な使命は、神様の本来の理想を根本とし、真の愛、真の生命、真の血統の出発点、先祖としての家庭を築くという神様の夢を実体化し、続いてその家庭を通して全世界の人類を、人種、宗教、国籍の壁を超えて神様の下の一家族として繋げることです。

 お父様は、堕落した全人類が、血統転換を通して、その理想に繋がることのできる道を開かれましたが、それは決して象徴的なことでも空想的なことでもありません。それは人の生涯において、個人の段階から、家庭、氏族という段階を通過しながら、5パーセントの責任分担を全うすることにより、個性完成に至る道を開くという救いなのです。お父様は全ての人類が、神様の真の子女となれる道を開かれたのです。これがお父様から受け継ぐべきもの(遺産:レガシー)に対する正しい理解です。

 第三の質問はこれです。真の父母様と真の家庭の出現は、何を意味するのでしょうか?それは、人間の歴史の中で初めて、神様の本来の理想が天上だけでなく、地上で実現することができるようになったということを意味します。言い換えれば、それは人類歴史において、神様の本来の創造目的が実現し、真の愛と生命と血統を中心とする、新しい時代の正しい先例が立てられて、新しい夜明けが到来した、ということです。こうして、真のお父様は、後天時代の出発を宣布され、対立と闘争に明け暮れてきた人類の歴史の終焉と、神様の理想家庭を中心とした、新しい平和の時代の始まりを宣言されたのです。

 お父様が平和メッセージを通して明確にされたように、神様の理想家庭は、個人から家庭、氏族、国家、世界のレベルへと拡張してゆく、平和世界建設のための礎石です。最も重要なことは、発展してゆく各段階において、神様がその中心と中核であり、真の愛がその最高の表現であるということです。神様の本来の理想は何だったでしょうか?それは神様との親子の関係を確保し、真の愛と真の生命と真の血統の根としての出発点を打ち立てることにより、真の愛の主人となる家庭を創造することでした。それに続いて、神様は堕落世界の全ての人々を、人種、宗教と国籍の壁を超えてその家庭に接木し、神様の下の拡張された家族として生きることを願われたのです。

 第四の質問はこれです:祝福中心家庭の責任とは何ですか?一世の祝福を通して、祝福中心家庭は神様の本来の真の血統に接木され、拡大された真の家庭の家族の一員、神様の息子娘となります。しかしそれは、ことの終わりではなく、天国行きのチケットでもなく、実は新しい始まりなのです。真の愛の日常的な実践を通して、神様の本来の真の家庭理想を、自分の家庭で実体化することにより責任分担を果たす、というのが皆さんの任務です。それにより、真の生命が実体化され、真の血統が守られます。神様は皆さんに、ご自身の理想に対し、同じような主人意識を持つことを願っておられ、その理想実現に対する共同責任を、真の家庭と共に全うしてほしいと期待しておられます。

 神様は、ただ与えられる指示を待つだけの、単なる信仰的で従順な僕としての皆さんに対したいのではなく、孝行息子、孝行娘としての皆さんに対したいのです。神様はご自分の子女が、神様の理想を自分のものとすることにより、神様の心情だけでなく、創造の原則と価値も理解し、分かち合えるようになることを願っておられます。僕の住む家は、いざ主人が亡くなれば崩れますが、真の愛の親子の関係の上に建てられた家庭は、親の精神が代々相続されながら永遠に続くでしょう。言い換えれば、子供や孫は、父母や祖父母が霊界に移行した後でも、彼らの立てた主人意識と愛の伝統を、代々継承して行くのです。

 私は全ての祝福家庭の皆さんに、拡大された真の家庭の一員として継承するのは、そのようなものであることを理解してほしいのです。祝福中心家庭は、天一国の理想を実現する心情文化に向かっての模範を示しながら、世界の人々を導いていかなければなりません。そして、それを遂行してゆく力は、肩書きや階層的権威や命令からくるのではなく、真の愛の人生を生きる中に、自ずと生じてくる道徳的権威からくるものです。

 道徳的権威は、その人が神様の摂理に一致し、真の愛の真の主人となった時に、神様から流れてくるものです。これこそが、原理的生活を生きた結果として、この運動の指導者達が示さなければならない権威なのです。これこそが、祝福中心家庭として、皆さんが、神様の原理を自分の動機と言葉と行動の中に体現しつつ、周囲の人々や共同体や国に対し持たなければならない権威なのです。これこそが、皆さんに真の天一国国民としての資格を与え、天国への鍵を与える権威なのです。それなくしては、皆さんは、神様から流れてくる生命力と真理を持たない単なる抜け殻に過ぎません。

 私は、神様の摂理と真の父母様のレガシーを守ろうと立ち上がった、良心と正義のメンバーがいることを知っています。この重要な摂理的時点において、全ての祝福中心家庭は、自身の良心の声に耳を傾け、かつての自分を、真の父母様に従うようにと駆り立てた理想を思い起こし、神様の摂理的み旨の主人とならなければなりません。


第三部:結論:私達の行くべき道

 最後に、私たちの行くべき道について述べることで、この手紙を締めくくろうと思います。

 お父様は神様の孝子として、神様の心情を解放し、神様の理想を地上に実現しようと努力してこられました。私はお父様の息子として、お父様と同じ心情で、神様の理想の追求に人生を捧げてきました。

 お父様は、今は地上におられませんが、お父様の不屈の精神は、今も私の中に健在であり、お父様の夢と希望も私の中に、そしてお父様の本当の遺業を成就することを真摯に願う全ての人々の中に生きています。私は、お父様の人生を動機付け、鼓舞した夢を実現することを、神様とお父様に約束しました。お父様の遺産を尊重しつつ行う私の任務は、神様の摂理を前進させるでしょうし、何よりも、お父様の願いと原則と価値を中心として、地上に実体の天国を建設する上で、ふさわしい先例を立てることになるでしょう。それは、皆さんが想像するよりもはるかに速く、現在の教会及び関連した全機関の恥ずべき歩みの影を薄くさせることでしょう。私は皆さんに対し、恥ずべき過去の中に忘れ去られてしまうような者となるのではなく、自分の中にお父様の精神と夢が活気を帯びて生き続けることのできる、神様の永遠の息子娘となることを強く勧めます。

 意味のある基元節を捧げる前提として、統一運動は、真の家庭理想を復活させ、神様の摂理に対して与えた損害を修復することのできる、「本当の」新しい出発をしなければなりません。最も重要なことは、過去四年間にわたり、全ての悪行を行った加害者達が、犯した全ての行為に対し完全に責任を取り、神様と真の父母様、私の家庭と「郭グループ」として嘲笑した全ての人々、ならびに、全世界の全ての祝福中心家庭と平和大使の前に悔い改めることが必要です。その上で、彼らは全ての公職を辞任すべきであり、二度とお金と権力と地位を求めるべきではありません。神様と摂理歴史の視点からみて、自分がどれだけ不適当であったのか自覚しなければならないからです。

 そのようにして初めて、神様の摂理に100パーセント一致し、謙虚さと感謝で、真のアベルの資質を体現したリーダーとメンバー達を中心として、新しいリーダーシップの規範(パラダイム)と文化が始まることが可能になります。そうして初めて、私達は、過去から引きずってきた重荷を降ろすことができ、後天時代において、神様が約束されたすべての祝福を担うことの出来る、本当の新しい出発がなされるでしょう。そうして初めて、私達の運動は、神様の心情の永遠の故郷に本当に定着することができ、「神様の理想家庭と平和理想世界王国」を建設することができるでしょう。万が一、私達が神様の創造目的に一致した新しい文化を創造せず、現在の対立が基元節以降も継続するならば、統一運動はそれ以上ただの一歩も発展することはなく、数え切れない何世代にもわたって、信じがたい蕩減を払わなければならなくなるでしょう。如何なる理由であれ、腐敗した現統一教会の指導者達に従うという選択を盲目的に行うならば、その人々は、神様の摂理の前における人間の失敗の物語に、悲劇のページを加えつつ、歴史の塵として忘れ去られてゆく群となるでしょう。

 今は本当に終末の時であり、かつてイエス様が、「生きんとする者は死に、死なんとする者は生きる」と言われたパラドックス(逆説)に私達全員が直面しています。この審判の時には、もはや隠れる場所はありません。皆さん一人一人が、自分はどこに立つのかをはっきりさせなければならず、その決断に対して、神様と全人類の前に責任を負わなければなりません。天と地を前にして、自己の責任分担を全うできるかできないかのどちらかです。決定するのはあなたであり、その責任は、究極的にはあなた自身がとるのです。それが、あなたの祝福中心家庭としての基準を計る物差しとなるでしょう。

 皆様と皆様の家庭に神様の祝福と導きがあり、皆様の心に明確さと、新たな決意と、平安がありますように祈ります。

2013年2月12日(天暦1月3日)