2009年11月4日 の父母に捧げた顯進の特別書信

 

〔編集者注:文顯進長はこの日、二編の文章を作成した。一つは、UPF指導者と世界平和大使らに宛てた明文であり、もう一つは、の父母に宛てた手紙です。彼はこの手紙を通じて、自分の行く道を淡と述べている。]

 

愛するお父

 

 暖かい平安が常に御父母と共に留まる事を願っております。

 

 最近、お父UPFを中心に措置された結果にして、苦心の末にもう一度、この手紙を書きます。神の理の完成に向かってもがいておられるお父を不肖な息子が、最後までお守りして差し上げ、を探すためのお父の切な念願を必ずなして差し上げたいと思う息子の衷情と決意をめたものですので是非最後まででいただければ幸いです。

 

 お父

 

 あなたの息子としてお父との永遠の係はわらないですし、わることも出ないものです。

 

 摂理的に最も重大な瞬間に父子間の協助がなされなかったという事は私を余りにも悲しくします。これは次の時代に神理にするお父の業績と主人意識を承するために切に必要なものでした。

 

 お父、現在のさまざまな措置について同意できませんが、決してお父を離れたのではないことをおえしたいと思います。私は公職者として過ごす間、お父が私に要求されたように仕事をしてきたし、今もその姿のままです。私はお父の指示に順でした。それは神理目標を体化しようというお父の使命にする確固とした信仰があったためです。神の本然の創造目的を中心にこの世界を復された家庭として取りそうというこの目標にする絶的な信仰のためでした。

 

 私は勝利の績と共に、わらずこの道をんできました。さまざまな局解と非原理的なうそが私を取りいていたとしてもこのような記すことは出ません。私は全ての逆境を越え、私を罠にれる人達の計略にまれないでただ責任を果たすことによって原理的に生きて行こうと努力してきました。そしていつかはお父もうそを見くことができられるだろうと信じていました。しかし、不幸にもそのようになりませんでした。

 

 お父

 

 運命としてえられたこの道でそれを耐えて勝ちいた人は誰ですか。最後まであなたのなる業績にしがみついて生かしてきた人は誰ですか。天の父が下さったあなたの約束を現し神と世界を建設するという人生をかけたあなたの夢をなして差し上げると身もだえしてた人は誰ですか。

 

 さまざまな試練と困難を通過しながら、私は私がなすべきことが何であるか、さらに明確に解ったのです。私はUPFのすべての指導者と平和大使に添付した容と共に公開書簡を達しました。

 

 端的におえすれば、私は、今、お父の永遠な業績とより重要な神理的方向にしていをしています。これは妥協できないものであり、決して、妥協しないでしょう。

 

 お父、現在、お父の周から聞こえてくる話にして注意を傾けてくださるように丁重にお願いいたします。飾りつけた言葉の裏面にうそと陰謀、曲解が渦いているためです。

 

 真実歪曲している人達において、お父が持っておられる心事は心にもありません。彼らはお金と力、地位、そして自身の目的を中心として欲望に目がくらんでいます。それはお父理的使命とはなんらの係もないのです。

 

 お父は私の言葉を信じられないでしょうが、息子として刀直入にお話しますと、お父が人生を捧げて積み上げてこられた業績が傷ついています。お父の基盤が今年の最初と比較しても大小さくなった態です。私を信じられないでしょうが、現在、お父にご報告を差し上げない外の人を個人的に呼ばれて確認されてください。

 

 お父、どうぞ重であられ、余りに早急に判されないことを懇切にお願いいたします。時がれば、明白な真実がお父の前に現れるでしょう。お父は誰が本に神理にアラインしており、お父とお父の業績を完全に代表しているかを決定しようとされるならば、口で語る言葉だけを信じるのではなく、彼らの行動と績を注意深く見られることをお願いいたします。

 

 お父が私を理解されてもされなくとも、今、この瞬間、私においての慰は天の父が真実を知っておられ、いつかこの悲しい現から私の汚名をがせてくれるだろうという事です。うそと善のカドで積み上げた家は永遠に立っていることは出ません。

 

 お父、常に健康であられ平安でいてください。

 

 お父とこの息子が神のみ旨の前に絶的に一つとなり、切ろうとしても切ることが出ない父子係で天の前に共に立つことができる日がることを祈いたします。

 

 

あなたの息子 顯進